派遣でも働ける!工事現場に必要な施工管理の仕事を知ろう

派遣でも働ける!工事現場に必要な施工管理の仕事を知ろう

作業員

施工管理の主な仕事

施工管理とは、建設工事をしっかり計画通りに進めるために施工を管理する業務の事です。そして、その施工管理の業務内容は「原価管理・品質管理・工程管理・安全管理」などとなっています。そのため、様々な事に幅広く対応していかないといけないという重要な役割を担っているでしょう。

作業員

施工管理士で必要な資格

施工管理は持っていれば有利になる資格はたくさん存在します。特に現場監督などを目指す場合は経験や知識、実績が必要となってくるため、施工管理技士の資格を取っておきましょう。そうすれば、即戦力として採用されることも期待できますよ。

作業員

施工管理は派遣の仕事も多い

土木関係や建設関係の求人は、各地域にたくさん存在します。そのため、派遣会社から出ている施工管理の求人も豊富にあり、選択のできる数が広いため好条件の仕事が探しやすくなっています。自分らしく働いて生活していきたいなら、派遣として働くのを検討してみるといいでしょう。

施工管理の仕事で有利になる資格ランキング

no.1

1級建築士または2級建築士

施工管理の仕事を行う上で、一番求められる求められる資格は建築士の資格です。建築の仕事に関係が深い施工管理の現場では役に立ちます。また、取得が難しい資格なのでどこの現場に行っても持っていれば有利になるでしょう。

no.2

建築施工管理技士

建築施工管理技士は国家資格のため、取得が難しいものとなっています。こちらも建築に関係する資格で様々な現場の施工管理ができる人物と認められた資格になるため、現場ではとても必要とされます。

no.3

電気工事士2種

建物を建てる際には、電気工事が必要になります。そのため、電気工事の知識を豊富に持っている電気工事士2種の資格を所持していれば、あらゆる現場で役立てる事ができます。